トップページ >

お知らせ

勉強会開催予定情報

詳細はこちら

掲載依頼ページ

【WEB開催】
2024年02月02日(金) 18:30-20:10
【WEB開催】
2024年02月02日(金) 19:00-20:30
【WEB開催】
2024年02月03日() 14:00-16:15
【WEB開催】
2024年02月14日(水) 18:20-20:15
【現地開催】
2024年02月18日() 13:30-16:30
【WEB開催】
2024年02月26日(月) 19:00-20:55
【WEB開催】
2024年03月06日(水) 19:00-20:30
【現地開催】
2024年03月10日() 13:00-17:00
日時2024年2月2日(金)18:30-20:10
場所ZOOM配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員200名。事前登録制です。締切日:2024年2月2日(金)13:00まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、ゼリア新薬工業株式会社
主な内容18:30~18:35 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会長
安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

18:35~19:20 講演1
座長:公立陶生病院 薬剤部 梅村 拓巳先生
「Clostridioides difficile 感染症に関する最近の話題 」
愛知医科大学 大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生

19:20~20:05 講演2
座長:名古屋大学医部附属病院 薬剤部 加藤 善章 先生
「小児の Clostridioides difficile 感染症~現状と課題~」
高知大学 臨床感染症学講座 教授 山岸 由佳 先生

20:05~20:10 成果報告書 閉会挨拶
認定日本病院薬剤師会 感染制御専門/認定薬剤師, 日病薬病院薬学認定薬剤師(Ⅳ -2領域)

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

日時2024年2月2日(金)19:00-20:30
場所ZOOMによるWeb講演会。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員500名。愛知県病院薬剤師会以外の方も参加いただけます。
事前登録制です。締切日:2024年1月31日(水)まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、アストラゼネカ株式会社
主な内容総合座長: JA愛知厚生連 海南病院 薬剤部 鈴木 大介 先生
19:00~19:45 特別講演
「SGLT2阻害薬が変える慢性腎臓病治療 ~CKD診療ガイドライン2023改訂を踏まえて~」
名古屋大学大学院医学系研究科 腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生

19:45~20:30 講演
「CKD診療ガイドライン2023改訂を踏まえた臨床推論」
(視聴者よりアンケートにお答えいただきながらご講演の予定です)
大分三愛メディカルセンター 薬剤部 課長 梶原 洋文 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師制度 Ⅴ-2及びⅢ-1領域 各0.5単位申請中です。
日本薬剤師研修センターの認定制度には対応していません。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

日時2024年2月3日(土)14:00-16:15
場所ZOOM配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前登録制です。締切日:2024年2月2日(金)まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、バイオジェン・ジャパン株式会社
主な内容14:00~14:05 開会挨拶
座長:エンジェルベルホスピタル 薬剤部長 森 千与 先生
14:05~15:05 特別講演
「ガイドライン2023に基づいた多発性硬化症治療 ~妊婦・授乳婦を踏まえて~ 」
東京都立荏原病院 神経内科 部長 野原 千洋子 先生

15:05~16:05 症例検討
「Clinically isolated syndrome(CIS)にて疾患修飾薬の投与中に挙児希望された一例」
名古屋市立大学 神経内科学 助教 水野 将行 先生

「ナタリズマブ投与中に産科専門施設で出産を希望された多発性硬化症の一例」
東海記念病院 副院長/脳神経内科部長 景山 卓 先生

16:05~16:15 キーワード入力アンケート
認定本会は以下の単位を申請予定しております。
(1)日本病院薬剤師会が認定する「妊婦・授乳婦専門・認定薬剤師認定講習会」(1単位)
(2)日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度Ⅴ-2(0.5単位)Ⅴ-3(0.5単位)
(3)日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度(1単位)
  (3)についてはPECS登録必須,尚、(2)と(3)の同時交付はできません。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

日時2024年2月14日(水)18:20-20:15
場所ZOOM配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員200名。事前登録制です。締切日:2024年2月14日(水)13:00まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、杏林製薬株式会社
主な内容18:20~18:30 情報提供 杏林製薬株式会社
18:30~18:35 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会長
安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

18:35~19:05 症例検討(聴講形式)
座長:名古屋大学医部附属病院 薬剤部 副薬剤部長 加藤 善章 先生
「細菌性腸炎の抗菌化学療法を考える 」
症例提示:碧南市民病院 薬剤部 薬剤科長 天野 哲史 先生
ディスカッサー:中部労災病院 山口 智江 先生
      名古屋市立大学医部附属東療センター 和知野 千春 先生

19:05~20:05 特別講演
座長:公立陶生病院 薬剤部 主任 梅村 拓巳 先生
「薬剤師にも知って欲しい抗微生物処方決定ストラテジー ~肺炎、 急性気管支COVID-19を中心に~」
名古屋大学医部附属病院 呼吸器内科 講師 進藤 有一郎 先生

20:05~20:15 確認テスト・閉会挨拶
認定本会は以下の単位申請を行う予定です。
・日本化学療法会 抗菌化学療法認定薬剤師
・日本病院薬剤師会 感染制御専門 /認定薬剤師、 日病薬病院薬学認定薬剤師 (Ⅳ-2領域 )

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

日時2024年2月18日(日)13:30-16:30
場所名古屋大学医学部 基礎研究棟3階 第1講義室
参加費500円。事前支払い、2024年2月17日(土)締切。
入金後は返金対応できません。尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
主催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
主な内容開会の挨拶 名古屋大学医部附属病院 宮崎雅之

13:40~14:20 がん治療の効果に関する臨床研究グループ
座長:NHO豊橋医療センター 井上裕貴
『がん治療の効果に関する臨床研究グループ活動報告』
NHO豊橋医療センター 井上裕貴

『がん悪液質患者におけるアナモレリン投与による体重変化と予後に関連する非侵襲的栄養評価法に関する調査』
名古屋大学医学部附属病院 加藤奈波

『大腸がん患者におけるTAS-102の副作用と有用性に関する多機関共同研究』
稲沢市民病院 氏木里依子

14:20~14:40 支持療法に関する臨床研究グループ
座長:三河乳がんクリニック 佐々木俊則
『がん患者における病院薬剤師・保険薬局薬剤師へのニーズに関するアンケート調査 ~中間解析報告~』
中京病院 松下直樹

14:50」~15:20 緩和療法に関する臨床研究グループ
座長: 一宮西病院 後藤健志
『終末期がん患者におけるスボレキサントの過活動せん妄抑制効果 ~ベンゾジアゼピン/非ベンゾジアゼピン系薬剤を併用した場合~』
名古屋掖済会病院 淺井俊平

15:20~15:40 Clinical question(CQ)グループ
座長:一宮市立市民病院 岩田智樹
『バーチャルワークショップの独自開催と現地開催に向けた取り組み 医療連携の新たなニーズと課題』
名古屋大学医学部附属病院 鷲野友亮

ツール作成グループ 15:40~16:00
座長:KKR東海病院 川合甲祐
『がん化学療法に携わる薬剤師の業務支援ツール「消化器癌Reference book」 ~継続的な更新を目指して~』
総合病院南生協病院 加藤皐紀

16:00~16:20 論文採択者からの報告
座長:名城大学 築山郁人
『ラムシルマブ+アルブミン懸濁型パクリタキセル併用療法患者における好中球減少発現に関する リスク因子の探索』
トヨタ記念病院 大池恵生

閉会の挨拶 トヨタ記念病院 久田達也
認定本会は日病薬病院薬学認定薬剤師制度Ⅱ-6領域(1.5単位)の単位を取得可能です。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.9392302953615!2d136.916681288315!3d35.1581362883091!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600370be22cc5fbd%3A0xd02b5e25c2c0a0ce!2z44CSNDY0LTA4NTcg5oSb55-l55yM5ZCN5Y-k5bGL5biCIOWfuuekjueglOeptuajn--8iOism-e-qeajn--8iQ!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1703463037401!5m2!1sja!2sjp"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2024年2月26日(土)19:00-20:55
場所Web配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前登録制です。締切日:2024年2月23日(金)まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、大塚製薬株式会社
主な内容19:00 情報提供 大塚製薬株式会社

19:10 開会の挨拶・司会
医療法人桜桂会 犬山病院 薬局長 廣瀬 健一郎 先生

14:15~20:45 特別講演
「気分障害に対する薬物治療について再考する -最新エビデンスと双極症2023を中心に- 」
藤田医科大学 精神神経科学講座 准教授 岸 太郎 先生

20:45 確認テスト

20:50 閉会の挨拶
医療法人資生会 八事病院 薬剤主任 宮浦 淳一 先生
認定本会は以下の単位を申請予定しております。
(1)日本病院薬剤師会 精神科専門/認定薬剤師(0.75単位)
(2)日病薬病院薬学認定薬剤師(Ⅴ-2領域 1単位)
(3)日本精神薬学会 精神薬学会認定薬剤師(0.75単位)

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

日時2024年3月6日(水)19:00-20:30
場所TeamsによるWeb講演会。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前登録制です。締切日:2024年3月6日(水)13:00まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、武田薬品工業株式会社
主な内容19:00~20:30 特別講演
座長:名古屋大学医学部附属病院 患者安全推進部
   薬剤師専従医療安全管理者 病院講師 梅村 朋 先生

演題:「薬剤アレルギー関連インシデントの対策・対応を考える ~インシデント報告の活用と多職種連携について~」
演者:北里大学医療安全推進室 副室長/医療安全管理者/
   看護師長(保健師・看護師・薬剤師) 荒井 有美 先生
認定・日病薬病院薬学認定薬剤師制度(Ⅳ-1:1.0 単位)
・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度(1単位)を予定しています。(いずれか1つとなります。)

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://apshp.jp/blank.html"></iframe><br />

ーーー

副題~がん関連のお悩みを共有し解決方法のヒントを見つけてみませんか?~
日時2024年3月10日(日)13:00-17:00
場所一宮市立市民病院 11階会議室 〒491-8558 愛知県一宮市文京2-2-22
参加費500円。病院薬剤師及び保険薬局薬剤師:最大18名【事前登録制・先着順 最終締め切り:2024年3月3日(日)】
※参加費の支払いは、開催前日までとなります。またお支払いが確認できない場合は参加できません。(別途メールにてお知らせします)
※当日参加は受け付けておりませんのでご了承ください。
※参加希望多数の場合は、最終締め切り前に登録を終了することがあります。
※同一施設からの参加が多数の場合は、調整させていただきます。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
主催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
主な内容プログラム内容:
215 分:当日のテーマ(がん関連の情報共有等)に沿ってカフェにいるようなゆったりした雰囲気で共有したり話し合ったりする時間「ワールドカフェ形式」 + がん患者の処方箋を事例に、
病院-薬局間でのトレーシングレポートの工夫と改善点についての話し合い という内容で開催します。

総合司会:小島 昌代 一宮市立木曽川市民病院 副薬剤局長

13:00~13:05 Opening(がん部会グループD担当員 岩田 智樹)

13:05~13:15 概要説明

13:15~14:45 当日のテーマをもとに座談会(ワールドカフェ形式)

14:45~15:00 休憩

15:00~16:15 グループワーク:薬薬連携を通じたがん患者への薬学的介入の実践

16:15~16:55 各グループ発表/総合ディスカッション

16:55~17:00 Closing(がん部会グループD担当員 岩田 智樹)
認定・日病薬病院薬学認定薬剤師制度Ⅲ-2領域(1.5単位)を取得予定です。
・日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師講習認定(1単位)を取得予定です。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3255.727971327397!2d136.80081368861565!3d35.312740179770735!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6003a735fcf48585%3A0xa3aefb01c17c1726!2z5LiA5a6u5biC56uL5biC5rCR55eF6Zmi!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1700784879713!5m2!1sja!2sjp"></iframe><br />

大きな地図で見る