トップページ > 勉強会のご案内

勉強会のご案内

ここに公開している勉強会情報は、主に「病院薬剤師会生涯研修認定制度」で認定された
愛知県内の勉強会情報です。
他の様々な医学・薬学関係の勉強会情報は、愛病薬メーリングリストに登録すると、
メーリングシステムから取得できます。(100件程度/年)

愛病薬メーリングリスト登録はこちら 勉強会データベース閲覧URLはこちら 掲載依頼はこちら
副題~HIV診療にまなぶ治療連携力 up セミナー~
日時2022年10月12日(水)18:30-20:30
場所ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員:500名。事前登録制で10月11日(火)締切。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター、中外製薬株式会社
主な内容18:30~18:40 情報提供 中外製薬株式会社 安全性コミュニケーション部

18:40~18:50 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 専門薬剤師教育委員会 HIV部会長
名古屋医療センター 薬剤部 製剤主任 平野 淳 先生

座長:安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生
18:50~19:35:講演1
「HIV診療に学ぶ血友病患者さんとのコミュニケーション
~日常生活チェックシートを活用した薬剤師のかかわり方~」
岐阜大学医学部附属病院 薬剤部
先端医療・臨床研究推進センター副部門長 石原 正志 先生

19:35~20:20:講演2
「薬剤師さんに知っておいてほしいお金のこと
~HIV陽性者が利用している医療費助成の仕組み~」
独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
医療福祉相談室・医療ソーシャルワーカー 岡本 学 先生

20:20~20:30:確認テスト/成果報告書
認定※本会は以下の単位を申請しております。
(1)日本病院薬剤師会が認定する「HIV専門・認定薬剤師認定講習会」(認定0.75単位, 更新6単位)。
(2)日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師制度 III-1領域『病棟・外来業務(医療コミュニケーション)』およびI-2領域『医療制度』各0.5単位。
(3)日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度 (1単位):ご希望の先生は, PECSの個人登録が必須となります。
受講の申込前に登録を済ませておいてください。


本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年10月18日(火)18:00-19:30
場所ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前申込が必要です。申込期間は9月1日(木)~10月17日(月)23:59まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、ニプロ株式会社
主な内容座長:半田市立病院 薬剤科 薬局長 横田 学 先生
18:00~18:45:特別講演1
災害薬学 ~災害時における薬剤師の役割~
演者: 日本赤十字社 石巻赤十字病院 薬剤部
     部長 佐賀 利英 先生

18:45~19:30:特別講演2
腎疾患対策に貢献する腎臓病療養指導士を目指す
演者:兵庫医科大学病院 薬剤部
    部長 木村 健 先生
認定・日病薬病院薬学認定薬剤師制度申請中(Ⅲ-2 1単位)。
本講演は、日薬剤師研修センター認定制度に対応しておりませんのでご注意ください。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年10月20日(木)18:30-20:10
場所ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員:200名。事前登録制で10月20日(木)13時締切。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
主な内容18:30~18:35 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会長
安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

18:35~19:05 一般演題
座長:名古屋市立大学病院 薬剤部 和知野 千春 先生
「高齢患者に対するVCM-TDMの一例」
安城更生病院 薬剤部 係長 澤田 和久 先生
ディスカッサー 碧南市民病院 天野 哲史 先生
        公立陶生病院 梅村 拓巳 先生
        中部労災病院 山口 智江 先生

19:05~20:05:特別講演
座長:愛知医科大学病院 感染制御部/薬剤部 室長 塩田 有史 先生
「バンコマイシンAUC-guided TDMの簡単な捉え方と進め方」
熊本大学病院 薬剤部 尾田 一貴 先生

20:05~20:10:成果報告書・閉会挨拶
認定※本会は以下の単位を申請しております。
・日本病院薬剤師会 感染制御専門/認定薬剤師, 日病薬病院薬学認定薬剤師(IV-2領域)
・日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師


本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年10月26日(水)18:30-20:00
場所WebexによるWEB配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前申込が必要です。締切日:10月25日(火)23:59まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、アムジェン株式会社
主な内容18:30~20:00 特別講演
座長:名古屋医療センター 薬剤部長 吉田 知由 先生
「片頭痛診療のポイント~CGRP関連薬剤と今後の課題~」
野々村クリニック 理事長 野々村 一彦 先生
認定・日病薬病院薬学認定薬剤師制度取得予定( Ⅴ-2: 1 単位)申請中。
※本講演は、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度には対応しておりません。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年10月30日(日)9:00-17:00
場所ZOOMウェビナーによるLIVE配信。
(※参加する際、ZOOMアカウントへのサインインが必要になります。ZOOMアカウントをお持ちでない方は、取得した上でお申し込みください。)
有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費日薬会員・日病薬会員7,000円、非会員8,000円(消費税込み)。
事前申込が必要です。(定員300名)申込受付期間:8月15日(月)~10月16日(日)。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
主催日本薬剤師会
共催日本病院薬剤師会・愛知県病院薬剤師会
主な内容テーマ:「真の薬剤師の職能と専門性でつながる」

<講演>9:05~9:25
『病院・診療所薬剤師をめぐる最近の話題』
講師:日本薬剤師会担当役員

<講演1>9:25~10:55
『今、病院診療所薬剤師が知っておくべき地域医療連携との向き合い方』
講師:医療法人長久堂野村病院 薬剤科 科長 荒川 隆之 氏

<講演2>11:10~12:40
『心不全の基礎知識』
講師:三重ハートセンター 薬局長 高井 靖 氏

<講演3>13:40~15:10
『薬学臨床推論の考え方と実践例~薬剤師の視点からみえてくるもの~』
講師:日本大学医学部附属板橋病院 薬剤部 主任 今井 徹 氏

<講演4>15:25~16:55
『薬剤師がタスク・シフト/シェアを進めるための工夫と医療への貢献』
講師:東北大学病院 教授・薬剤部長 眞野 成康 氏
認定・本会は日病薬病院薬学認定薬剤師制度(Ⅱ-5、Ⅲ-1、Ⅲ-2、Ⅴ-2:各1単位)を申請中です。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年11月6日(日)9:15-17:30
場所現地開催(一部web配信)静岡県立大学 草薙キャンパス(〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1)
参加費参加登録期間(事前登録制):2022年7月11日(月)~2022年10月28日(金)
一般 3,000円、大学院博士後期課程学生 500円、大学院博士前期課程(修士課程)学生および学部学生 無料
主催静岡県病院薬剤師会・日本薬学会東海支部・日本病院薬剤師会東海ブロック
共催(一社)日本病院薬剤師会・(公社)静岡県薬剤師会
主な内容大会テーマ:「創薬と臨床の融合、ともに語ろう薬学の未来」

大会ホームページはこちら
認定日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度研修:2.5 単位(予定)
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3268.479233602451!2d138.4442012151554!3d34.99470687492292!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x601a368477b0be2d%3A0x80e3bf63893d624d!2z6Z2Z5bKh55yM56uL5aSn5a2mIOiNieiWmeOCreODo-ODs-ODkeOCuQ!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1660091896864!5m2!1sja!2sjp"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年12月2日(金)18:45-20:30
場所ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員:500名。事前登録制で11月26日(土)締切。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、大鵬薬品工業株式会社
主な内容18:45~19:00 情報提供 大鵬薬品工業株式会社

座長:桶狭間病院 藤田こころケアセンター 薬剤部 宇野 準二先生
19:00~19:45:講演Ⅰ
「抗がん薬調製支援装置(ロボット)の導入による化学療法センターでの薬剤師業務の変化」
演者 刈谷豊田総合病院 化学療法センター
   リーダー 榊原 隆志 先生

19:45~20:30:講演Ⅱ
「調剤ロボットを活用した調剤業務の現状とその効果」
演者 藤田医科大学病院 薬剤部
   副部長 鈴木 孝幸 先生
認定・日本病院薬剤師会が認定する日病薬病院薬学認定薬剤師制度II-1領域1.0単位を申請中です。
・日本薬剤師研修センターの認定制度には対応していません。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年12月13日(火)18:45-20:00
場所Zoom Web配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前登録制で12月12日(月)23時59分まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、大正製薬株式会社
主な内容18:45~19:00 情報提供 大正製薬株式会社

19:00~20:00 特別講演
座長:刈谷豊田総合病院 薬剤部 薬剤部長 滝本 典夫 先生
「関節リウマチ診療Update」
一宮市立民病院 整形外科 部長 花林 雅裕 先生
認定※日病薬院学認定剤師制度( V-2:0.5 単位)申請中。
本講演は、日薬剤師研修センター認定制度に対応しておりませんのでご注意ください。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年12月15日(木)18:30-20:20
場所Zoom ウェビナー。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。定員200名。事前登録制で12月15日(木)13時00分まで。
入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、塩野義製薬株式会社
主な内容18:30~18:35 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会長
安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

18:35~19:25 特別講演1
座長:中京病院 薬剤部 中根 茂喜 先生
「インフルエンザ感染症の診断と治療 ~COVID-19への対応を含めて~」
国立大学法人長崎院 国立大学法人長崎院 医歯薬学総合研究科
病態解析・診断学分野 教授 栁原 克紀 先生

19:25~20:15 特別講演2
座長:名古屋市立大学病院 薬剤部 和知野 千春 先生
「これからのAMR対策とAntimicrobial stewardship ~薬剤師に求められるもの~」
国立大学法人東海機構 名古屋大学大学院医系研究科
生体管理医学講座 臨床感染統御学分野 教授 八木 哲也 先生

20:15~20:20 成果報告書・閉会挨拶
認定※ 本会は以下の単位申請を行う予定です。
・日本病院薬剤師会 感染制御専門 /認定薬剤師 , 日病薬院学認定剤師 (IV-2領域 )

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2022年12月17日(土)13:50-15:35
場所Web配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費事前登録制で12月13日(水)まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、MSD株式会社
主な内容13:50~14:00 製品説明 MSD株式会社

14:00~14:05 開会挨拶
総合座長 安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

14:05~14:35 講演
「AS活動に求められる薬学的視点~重症CDI症例を通じて~」
愛知医科大学病院 感染制御部/薬剤部 室長 塩田 有史 先生

14:35~15:35 講演
「抗AMR感染症薬を取り巻く問題と適正な薬剤選択を考える」
東北医科薬科大学大学院薬学研究科 臨床感染症学教室
教授  藤村 茂 先生
認定なし

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2023年1月13日(金)19:00-20:45
場所Web配信による開催。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
参加費500円。事前登録制で2023年1月8日(日)まで。
受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。
尚、申込方法等、詳細については表題横の【詳細はこちら】をご確認ください。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、大塚製薬株式会社
主な内容19:00~19:05 開会の挨拶・司会
共和病院 薬剤課 係長 蟹江 裕美子 先生

19:05~20:35 特別講演
「消化器内科における飲酒量低減治療の実際」
愛知医科大学 肝胆膵内科 助教 坂本 和賢 先生

20:35 確認テスト

20:40 閉会の挨拶
桶狭間病院 藤田ころケアセンター 宇野 準二 先生
認定・日病薬病院薬学認定制度(領域:V-2)取得予定。
・日病薬精神科薬物療法認定薬剤師の認定講習として、1.5時間 (0.75単位)になります。
・精神薬学会認定薬剤師の認定講習会( 1.5時間(0.75単位))として申請予定。

本会はWEBでの開催です
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.co.jp/"></iframe><br />

大きな地図で見る