トップページ > 勉強会データベース

愛知県病院薬剤師会 勉強会データベース

勉強会の情報をお持ちの方は、「勉強会データベース」への登録をお願いします。愛病薬の主催、共催、後援は問いません。
ただし、医学・薬学関係のものとします。「勉強会データベース」に登録された情報は愛病薬メーリングリストシステムから自動的に送信します。
■参加について
勉強会によっては、事前申込みや対象者を設定されている場合があります。参加の可否に関しては事前に主催者等へご確認ください。
勉強会情報を新規に登録する
指定なし
日付 時間 表題(タイトルをクリックすると詳細を表示します)
2022年09月09日(金) 19:00-20:30 【web開催】第8回愛知県病院薬剤師会 第I領域セミナー
参加費 500円。事前申込が必要です。締切日:9月3日(土)まで。入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。尚、申込み方法等については、後日当会ホームページ内勉強会コンテンツで本セミナー表題横の[詳細はこちら]に案内文書を掲示しますので、そちらをご確認ください。
場所 ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
主催
共催 一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、第一三共薬株式会社
後援
主な内容 19:00〜20:30 講演:
座長 名古屋大学医学部附属病院 薬剤部 加藤 博史 先生
『医師からのタスクシフトについて改めて 法的視点から抑えるべきポイント』
演者 中外合同法律事務所 弁護士 赤羽根 秀宜 先生
認定 ・日本病院薬剤師会が認定する日病薬病院薬学認定薬剤師制度I-3領域1単位を申請中です。(要確認テスト:キーワード提出)
2022年09月11日(日) 14:00-15:40 【web開催】第14回 地域連携薬剤管理指導研究会
参加費 500円。(定員300名)事前申込が必要です。締切日:9月10日(月)23時59分まで。入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。尚、申込方法等、詳細については表題横の[詳細はこちら]をご確認ください。
場所 Microsoft Teamsによる Web講演会。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
主催
共催 地域連携薬剤管理指導研究会、愛知県病院薬剤師会、特定非営利活動法人 医薬品適正使用推進機構、アステラス製薬株式会社
後援
主な内容 14:00〜15:10:教育講演
糖尿病における多職種連携
1. 「服薬アドヒアランスと食事療法」
    糖尿病・内分泌内科クリニックTOSAKI 管理栄養士 佐藤 史織 先生

2. 「嫌がる患者へのやる気を引き出すアプローチ」
    DM NURSE LAB 代表/ 糖尿病看護認定看護師 土川 睦子 先生

3. 「多職種協働と地域糖尿病医療連携について」
    金城学院大学 薬学部 臨床薬学 教授 吉川 昌江 先生

4.質疑応答

15:10〜15:40特別講演
「これからの糖尿病治療」
    洪内科クリニック 院長 洪 尚樹 先生
認定 ・日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度 1単位 申請予定。・ 日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師制度 1単位(領域III-2)申請予定。
2022年09月17日(土) 13:00-17:00 2022WHO世界患者安全の日-薬剤安全推進シンポジウム
参加費 無料。(募集:3,000名)事前参加登録ページ(http://qsh.jp/wpsd2022/)をご確認ください。
場所 Zoomウェビナー(ライブおよびオンデマンド)
主催 一般社団法人医療の質・安全学会
共催
後援 厚生労働省、公益社団法人日本医師会、公益社団法人日本看護協会、公益社団法人日本薬剤師会、一般社団法人医療安全全国共同行動、一般社団法人日本医療安全学会、一般社団法人日本病院薬剤師会、 一般社団法人日本保険薬局協会
主な内容 趣旨説明

厚生労働省挨拶

Message 医療安全全国共同行動よりメッセージ
東北医科薬科大学薬学部
薬剤学教室教授 我妻 恭行

講演1
「安全に薬剤使用するための患者の役割は
認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML
理事長 山口 育子

講演2
「お薬手帳」今後の課題を考える 〜開発時のコンセプトと現在のギャップ〜」
医薬品安全使用調査研究機構 設立準備室
室長 土屋 文人

講演3
「ケアの移行期における薬局薬剤師の役割」
株式会社ファーマシィ 医療連携部
部長 孫 尚孝

講演4
「在宅療養患者の薬剤安全〜薬剤師と訪問看護師の連携〜」
東京大学大学院 医学系研究科 在宅医療学講座
特任研究員 水木 麻衣子

講演5
「Medication Reconcilliation & Patient saftey」(事前収録、日本語字幕あり)
Clinical Director for Quality,Research and Academics
 peerless Hospital & BK Roy Research Center,India
Dr Subhrojyoti Bhowmick

パネルディスカッション
ケアの移行期における薬剤安全:お薬のバトンパスはどうあるべきか?

閉会挨拶
認定
2022年09月27日(火) 19:00-20:45 【web開催】令和4年度 第3回愛知県病院薬剤師会 精神科部会 学術講演会
参加費 500円。事前申込が必要です。締切日:9月23日(金)まで。入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。尚、申込み方法等については、後日当会ホームページ内勉強会コンテンツで本セミナー表題横の[詳細はこちら]に案内文書を掲示しますので、そちらをご確認ください。
場所 ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
主催 一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
共催
後援
主な内容 19:00〜19:05 開会の挨拶・司会:
豊川市民病院 病院 薬局 山崎 孝佳 先生

19:05〜20:35:特別講演
『クロザピン治療と血中濃度』
社会医療法人杏嶺会 上林記念病院 副院長  高橋 正洋 先生
認定 ・日病薬病院薬学認定薬剤師制度(領域:V−1)・日病薬精神科薬物療法認定薬剤師の認定講習 1.5時間(0.75単位)・精神薬学会認定薬剤師の認定講習会 1.5時間(0.75単位)として申請予定。
2022年09月29日(木) 18:30-20:35 【web開催】令和4年度 愛知県病院薬剤師会 妊婦・授乳婦部会/感染制御部会 合同「症例検討・感染症セミナー」
参加費 500円。定員:500名。事前登録制で9月29日(木)13:00締切。入金後は返金対応できません。受信に伴う通信費等は参加者もしくはご施設の負担となります。尚、申込み方法等については、後日当会ホームページ内勉強会コンテンツで本セミナー表題横の[詳細はこちら]に案内文書を掲示しますので、そちらをご確認ください。
場所 ZOOMウェビナーによるLIVE配信。有線LANのある場所や通信環境が良い場所ならどこからでも参加可能です。
主催 一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
共催
後援
主な内容 総合座長:安城更生病院 薬剤部 医薬情報課長 大野 愛 先生
     愛知医科大学病院 感染制御部/薬剤部 室長 塩田 有史 先生

18:30〜18:35 開会挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会長
安城更生病院 薬剤部 薬剤課長 奥平 正美 先生

18:35〜20:05:症例検討
『妊娠初期に診断された梅毒症例』
症例提示:トヨタ記念病院 薬剤部 主任 川端 加恵 先生

コメンテーター:公立陶生病院 感染症内科 主任部長 武藤 義和 先生

ディスカッサー:日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院病院 佐藤 美月 先生
        日本本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院病院 高木 祥子 先生
        公立陶生病院 梅村 拓巳 先生
        安城更生病院 奥平 正美 先生

20:05〜20:35:特別講演
『梅毒に対する治療戦略のキホン』
公立陶生病院 感染症内科 主任部長 武藤 義和 先生

20:35〜20:45:確認テスト・閉会挨拶
認定 ※本会は以下の単位申請を行う予定です。・日本病院薬剤師会 妊婦授乳婦専門/認定薬剤師, 日病薬病院薬学認定薬剤師(III-1領域)・日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師