トップページ >

お知らせ

2018年02月09日 勉強会の情報を更新しました。
2018年02月07日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(尿路上皮癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌、悪性黒色腫、古典的ホジキンリンパ腫)の一部改正について
「エクリズマブ(遺伝子組換え)製剤の使用に当たっての留意事項について」の一部訂正について
後発医薬品品質情報について

2018年01月31日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

神経麻酔分野の小口径コネクタ製品の切替えについて
エクリズマブ(遺伝子組換え)製剤の使用に当たっての留意事項について
オランザピン製剤の使用に当たっての留意事項について

2018年01月24日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

エボロクマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドラインの一部改正について
新医薬品の再審査期間の延長について
新医薬品等の再審査結果 平成29年度(その3)について

2018年01月15日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

国家戦略特別区域法における医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の特例の施行等について
ガドリニウム造影剤の「使用上の注意」の改訂の周知について(依頼)
ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(古典的ホジキンリンパ腫)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌、悪性黒色腫)の一部改正について 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)

勉強会開催予定情報

詳細はこちら

掲載依頼ページ

2018年02月17日() 13:40-16:40
2018年02月18日() 10:00-12:00
2018年02月24日() 14:00-17:40
2018年03月04日() 14:00-17:30
2018年03月11日() 10:00-15:45
2018年03月11日() 13:00-17:00
2018年03月13日(火) 19:00-20:45
2018年03月17日() 14:00-17:25
2018年03月18日() 13:00-16:45
2018年03月23日(金) 19:00-21:00
2018年03月24日() 14:00-18:30
日時2018年2月17日(土)13:40-16:40
場所ウインクあいち1204
参加費500円
共催一般社団法人愛知県病院薬剤師会、独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター、鳥居薬品株式会社
主な内容講演1
  「抗HIV薬に関わる最近の問題 ー高齢化、ポリファーマシー、合併症などー」
独立行政法人国立病院機構 九州医療センター 薬剤部
調剤主任 大石 裕樹 先生
「高齢者・在宅患者における薬剤管理」
弘法薬局 荒川 真 先生

講演2
「HIVと高齢化」
浜松医療センター 感染症内科 副医長 島谷 倫次 先生
認定日本病院薬剤師会が認定する「HIV専門・認定薬剤師認定講習会」(認定・更新それぞれ1単位)、
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度Ⅲ-2領域『連携』(0.5単位)、
Ⅴ-1領域『医薬品(製剤)特性 』(0.5単位)、 Ⅴ-3領域『患者特性』(0.5単位)、
および日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度(1単位)を予定しております。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.434920861039!2d136.8843307146742!3d35.17071108031648!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1486587569486"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年2月18日(日)10:00-12:00
場所名古屋市立大学薬学部 宮田専治記念ホール
参加費非会員は1,000円
共催愛知県薬剤師会、愛病薬、東海地区調整機構
主な内容教育講演1
・平成30年度新コアカリ対応実務実習に向けて【愛知県での具体的な対応を考える基礎情報伝達】
教育講演2
・薬学生のための実務実習連携ノートブックを利用した薬局・病院の実習連携に向けて
認定日病薬認定II-6 1単位または研修センター1単位、愛病薬1単位を申請中
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m16!1m12!1m3!1d52192.798023184696!2d136.90175449399584!3d35.15537683822179!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!2m1!1z5ZCN5Y-k5bGL5biC56uL5aSn5a2m6Jas5a2m6YOo!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1516666207660"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年2月24日(土)14:00-17:40
場所TKP名古屋駅前カンファレンスセンター5階5A
参加費500円
参加希望の方は、表題横の【詳細はこちら】の中に事前申込書がありますので、送付をお願いします。
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、富士製薬工業株式会社
主な内容【情報提供】 14:00~14:15
『産婦人科関連製剤と女性ホルモンの基礎』
富士製薬工業(株) 名古屋支店 学術情報課  長谷川美玲

【講演1】 14:15~14:45
座長:名古屋第二赤十字病院 薬剤部 高木祥子先生
『妊婦・授乳婦薬物療法専門薬剤師への道のり』
演者: 名古屋市立西部医療センター 薬剤部  中川友恵先生

休憩 14:45~14:50

【特別講演】 座長:名古屋第一赤十字病院 薬剤部 山田総先生
演題(1) 14:50~15:50
『妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の症例の書き方について』
演者:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 薬剤部 山根律子先生

休憩 15:50~16:00

演題(2) 16:00~17:30
『不妊・不育症治療に使用する薬剤と注意点』
演者:名古屋第一赤十字病院 第二産婦人科部長 安藤智子先生

【成果報告書作成】17:30~17:40
認定●愛知県病院薬剤師会 生涯研修制度の認定研修(1.5単位)、
●日病薬妊婦・授乳婦に関する講習単位(2単位)を申請中【成果報告書提出】、
●日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度(2単位)および日病薬病院薬学認定薬剤師制度(V-3:1単位)
(II-6:1単位) を申請中。どちらか一方のみ取得可
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.280659097928!2d136.88264554989334!3d35.17455676510465!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376e8c70a9ed1%3A0x454cc7693d6c0ddc!2zVEtQ5ZCN5Y-k5bGL6aeF5YmN44Kr44Oz44OV44Kh44Os44Oz44K544K744Oz44K_44O8!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517356635263"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月4日(日)14:00-17:30
場所TKP名古屋駅前カンファレンスセンター ホール5A
参加費500円(詳細は、表題横の【詳細はこちら】のファイルをご確認ください。)
共催愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社
後援静岡県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
主な内容14:00~14:15 【製品紹介】 「 アムビゾーム 」大日本住友製薬株式社

14:20~15:00 【基調講演】
「 血清学的補助診断法 」
愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 教授(特任) 山岸 由佳 先生

15:10~15:15 【SGD説明】 公立西知多総合病院 薬剤科 小林 義和 先生

15:15~17:15 【SGD】1症例1グループ司会進行
愛知医科大学病院 感染制御部/薬剤部 塩田 有史 先生
チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 客員教授  森 健 先生

『副作用などで薬剤選択に難渋した真菌性髄膜炎』
公立西知多総合病院 薬剤科 川崎 祥平 先生
総合コメンテーター
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生

17:15~17:30 【確認テスト】
認定本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御専門・認定薬剤師、
日病薬病院薬学認定薬剤師制度IV-2領域、日本薬剤師研修センター、
愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.280659097928!2d136.88264554989334!3d35.17455676510465!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376e8c70a9ed1%3A0x454cc7693d6c0ddc!2zVEtQ5ZCN5Y-k5bGL6aeF5YmN44Kr44Oz44OV44Kh44Os44Oz44K544K744Oz44K_44O8!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517356635263"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月11日(日)10:00-15:45
場所ウインクあいち(愛知県産業労働センター)13階 1301号室
参加費500円(PCP研究会に未加入の場合には併せて年会費として3,000円)
申込要申込(定員50名,申込み先はPDFの案内を参照下さい)
共催精神科臨床薬学研究会、愛知県病院薬剤師会、大塚製薬(株)
主な内容「うつ病に立ち向かう -精微な診断・治療をめざして-」
  医療法人杏野会 各務原病院 精神科診療部長  天野 雄平 先生 他
認定日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度(3単位)
または日病薬病院薬学認定薬剤師制度(V-2),愛病薬生涯研修制度(2.25単位)
の認定研修として申請予定です。
また、精神科薬物療法認定薬剤師講習会(2.25単位、4.5時間)として申請中です。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.434920861039!2d136.8843307146742!3d35.17071108031648!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1486587569486"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月11日(日)13:00-17:00
場所〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町1-16
TKPガーデンシティ名古屋新幹線口 7B
参加費無料
共催(一社)愛知県病院薬剤師会、つるまい薬薬薬連携協議会、田辺三菱製薬株式会社
主な内容・薬剤師レジデント成果報告
・シンポジウム「医療の卒前・卒後教育の連携と接続」
  愛知医科大学 医学教育センター長 伴 信太郎 先生
  大阪大学薬学部長・大学院薬学研究科長 堤 康央 先生
  帝京大学薬学部 特任教授 安原 眞人 先生
・特別講演「腎を考慮した糖尿病治療」
  大阪市立大学大学院医学研究科 腎臓病態内科学 講師 森 克仁 先生
認定日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度(2単位)又は
日病薬病院薬学認定薬剤師制度 (領域Ⅱ-6:2単位、Ⅴ-1:0.5単位)
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.384240369568!2d136.8772717144518!3d35.17197456534099!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376e8c7ab5f03%3A0xa0c5886144e9a38c!2zVEtQ44Ks44O844OH44Oz44K344OG44KjUFJFTUlVTeWQjeWPpOWxi-aWsOW5uee3muWPow!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517034135329"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月13日(火)19:00-20:45
場所グリーンパレス春日井 3F「第9会議室」
参加費非会員の方は1,000円
共催愛知県病院薬剤師会・武田薬品工業株式会社
主な内容高齢者に優しい糖尿病治療
認定本会は日病薬病院薬学認定薬剤師制度(領域Ⅴ-2)
もしくは、日本薬剤師研究センターの認定薬剤師制度の研修として1単位、
日病薬生涯研修制度として0.75単位を認定予定です。
※どれか一つの認定となります。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3257.359577138338!2d136.9892682148156!3d35.27218515990454!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60036d904985cd95%3A0x320be68e0843a55d!2z44Kw44Oq44O844Oz44OR44Os44K55pil5pel5LqV77yI5Yuk5Yq056aP56WJ5Lya6aSo77yJ!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517948636504"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月17日(土)14:00-17:25
場所名古屋国際会議場 4号館 白鳥ホール
参加費1,000円(テキスト代込み。参加希望の方は、表題横の【詳細はこちら】の中に事前申込書がありますので、送付をお願いします。)
主催東海院内感染対策フォーラム
共催愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、サラヤ株式会社
後援岐阜県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会
主な内容はじめに:14:00~14:05
ご挨拶
中村 敦 先生
(名古屋市立大学病院 感染制御室)

講演1:14:05~14:35(質疑応答込み)
口腔ケアと感染管理
座長 田村 秀代 先生( 愛知医科大学 看護学部)
講師 三鬼 達人 先生( 藤田保健衛生大学病院 看護部)

講演2:14:35~15:05(質疑応答込み)
栄養管理と感染対策
座長 吉村 平 先生( 博仁会村瀬病院 胃・大腸センター)
講師 清水 敦哉 先生( 済生会松阪総合病院 内科)

休憩(20分)

講演3:15:25~16:15(質疑応答込み)
環境消毒のチェックポイント
座長 片山 歳也 先生( 四日市羽津医療センター 薬剤科)
講師 尾家 重治 先生( 宇部フロンティア大学 人間健康学部)

講演4:16:35~17:25(質疑応答込み)
施設環境と感染制御
-ICRAを含めて-
座長 大久保 憲 先生( 医療法人幸寿会平岩病院)
講師 筧 淳夫 先生( 工学院大学 建築学部)
認定当フォーラムは、ICD講習会、日本医師会、日病薬感染制御専門・認定薬剤師、
日病薬病院薬学認定薬剤師制度(IV-2:感染制御・管理)の
認定講習会として所定の単位が認定される予定です。(薬剤師対象の確認テストあり)
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3262.975182049213!2d136.89581814989185!3d35.13229286739346!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600379fe92208121%3A0xc830505a7700eaa6!2z5ZCN5Y-k5bGL5Zu96Zqb5Lya6K2w5aC0!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517356773215"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月18日(日)13:00-16:45
場所名古屋大学医学部附属病院 医系研究棟1号館地下1階会議室
参加費無料
共催日本臨床薬理学会・名古屋大学医学部附属病院
主な内容講演1
「薬理遺伝学総論」
九州大学大学院 教授 家入 一郎
講演2
「がん薬物療法における臨床応用」
神戸大学大学院 教授 南 博信
講演3
「がん細胞の網羅的遺伝子解析」
京都大学大学院 教授 武藤 学
講演4
「臨床試験における応用」
国立がん研究センター中央病院 医長 藤原 豊
WS
「遺伝カウンセリングの実際」
名古屋大学医学部附属病院 認定遺伝カウンセラー
森川 真紀
愛知県がんセンター中央病院 認定遺伝カウンセラー
高磯 伸枝
認定日病薬病院薬学認定薬剤師(項目番号Ⅱ-6、2単位)(予定)
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.934078519046!2d136.91873024989275!3d35.1582647659873!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600370be056e345f%3A0x8c9b09c2b77cb552!2z5ZCN5Y-k5bGL5aSn5a2mIOWMu-WtpumDqOmZhOWxnueXhemZog!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1517356837511"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月23日(金)19:00-21:00
場所ウインクあいち 5F 小ホール1 (愛知県産業労働センター)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
参加費1,000円
【参加希望の方は、中部腎と薬剤研究会ホームページより事前参加申込みをお願いします。】
主な内容情報提供:「アイミクス配合錠LD/HD」 大日本住友製薬株式会社

開会のことば
 中部腎と薬剤研究会 代表
 新生会第一病院 薬剤科 科長 橋爪 博隆 先生

一般講演(19:00~19:30)
 座長 愛知医科大学病院 薬剤部 見﨑 知子 先生
 演題 「新生児低体温療法における腎排泄型薬剤の薬物動態解析」
 演者 愛知医科大学病院 薬剤部 中村 美聡 先生

特別講演(19:30~21:00)
 座長 中部労災病院 リウマチ・膠原病科部長 藤田 芳郎 先生
 演題 「腎と感染症とその周辺」
 演者 感染症コンサルタント 青木眞先生 先生

閉会のことば
 中部腎と薬剤研究会 代表
 新生会第一病院 薬剤科 科長 橋爪 博隆 先生
認定(1)日病薬病院薬学認定薬剤師制度(領域:Ⅳ-2) 1単位
(1)日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度 1単位
 (上記単位はどちらか一つのみ)
(2)愛知県・三重県病院薬剤師会 研修単位 1単位
(3)日本腎臓病薬物療法学会 認定薬剤師制度 1単位
(4)透析療法指導看護師認定 2単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.434920861039!2d136.8843307146742!3d35.17071108031648!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1486587569486"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2018年3月24日(土)14:00-18:30
場所ウインクあいち 10F 1002
参加費1,000円
主催愛知県病院薬剤師会がん部会
共催愛知県病院薬剤師会 テルモ株式会社
主な内容グループ報告
  『疑問を解決!これでわかる「消化器癌 Reference book」の作成とその評価』
『がん終末期におけるポリファーマシー
  ~いつまで飲むの?長期管理薬~ 経口血糖  降下薬・スタチン編』
『がん患者のせん妄に対する薬剤の影響』
『骨転移性疼痛に対するタペンタドールの有効性に関する検討』
『婦人科TC(パクリタキセル+カルボプラチン)療法における制吐剤の実際は?』
『多職種連携ワークショップを開催して
  ~がん患者の症状マネジメントについて考える~』
『ラムシルマブによる蛋白尿のリスク因子の探索』
『がんと妊孕性に対する薬剤師の意識調査と研修会の効果について』
特別講演『人はがんとどう向き合うか~薬剤師に期待するもの~』
     国立がんセンター 名誉総長
     公益財団法人日本対がん協会 会長
     NPO法人抗がん剤曝露対策協議会 理事長 垣添 忠生 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師制度(領域Ⅰ-1(1単位)領域Ⅱ-6(1.5単位)申請中)
日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度(3単位申請中)
病院薬剤師会生涯研修制度(2.25単位)
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.434920861039!2d136.8843307146742!3d35.17071108031648!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1486587569486"></iframe><br />

大きな地図で見る