トップページ > 勉強会データベース

愛知県病院薬剤師会 勉強会データベース

勉強会の情報をお持ちの方は、「勉強会データベース」への登録をお願いします。愛病薬の主催、共催、後援は問いません。
ただし、医学・薬学関係のものとします。「勉強会データベース」に登録された情報は愛病薬メーリングリストシステムから自動的に送信します。
■参加について
勉強会によっては、事前申込みや対象者を設定されている場合があります。参加の可否に関しては事前に主催者等へご確認ください。
勉強会情報を新規に登録する
指定なし
日付 時間 表題(タイトルをクリックすると詳細を表示します)
2017年11月01日(水) 17:45-19:00 刈谷がん化学療法セミナー
参加費
場所 刈谷豊田総合病院 診療棟5F 第一第二会議室
主催
共催 刈谷豊田総合病院、アストラゼネカ
後援
主な内容 ・がん診療における薬剤師の関わり〜肺がんEGFR-TKIを中心に〜 ・がん薬物療法における皮膚障害マネジメント
認定
2017年11月09日(木) 19:00- 西三河リツキサンITP講演会
参加費
場所 安城更生病院 2F 第一会議室
主催 中外製薬
共催
後援
主な内容 特別講演: 慢性ITPの治療ストラテジーとしてのリツキシマブ
認定 お弁当をご用意いたします。
2017年11月09日(木) 18:50-20:50 第19回東海神経免疫フォーラム
参加費 1000円
場所 名古屋マリオットアソシアホテル 16F 「アイリス」
主催
共催 東海神経免疫フォーラム、日本製薬
後援
主な内容 指定講演: CIDPの治療 −進行抑制療法について− 特別講演: 治す神経内科の実践 アミロイドニューロパチー
認定 講演会終了後、情報交換会を予定しております。
2017年11月10日(金) 18:50-21:00 第2回愛知県病院薬剤師会 第II領域セミナー
参加費 会員500円、非会員1000円
場所 TKP名駅桜通口カンファレンスセンター3FホールC(旧TKPガーデンシティPREMIUM 名駅桜通口)類似名に注意
主催
共催 愛病薬、興和創薬
後援
主な内容 教育セミナー: SPPARMαによる新時代のメタボリックリスク管理 特別講演: PMDAが行う薬事業務〜治験、医薬品安全管理等について〜
認定 愛病薬0.75単位、日病薬II-3:1単位又は研修センター1単位、お弁当をご用意させて頂きます。
2017年11月11日(土) 15:00-18:00 第49回 東海抗菌化学療法研究会
参加費 1000円
場所 ウインクあいち 9F 901
主催
共催 東海抗菌科学療法研究会、Meiji Seikaファルマ
後援
主な内容 一般講演: 1.2016年抗菌薬TDMガイドライン改訂の当院における臨床的検証報告-バンコマイシン- 2.当科におけるテビペネムピボキシル処方例の臨床的検討 3.小児におけるテイコプラニンのトラフ濃度15maicrog/mL以上の安全性 4.海外渡航後の発熱・肺炎にて紹介となった1例 特別講演1: MRSA感染症を取り巻く状況の変化-ガイドライン改訂のポイントを含めて- 特別講演2: 中心静脈カテーテル感染予防
認定
2017年11月12日(日) 14:00-16:50 第8回地域連携薬剤管理指導研究会・講演会
参加費 一般 500円、学生 無料(学生証をご提示ください)、事前申込で先着200名にて締切り
場所 名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟 3階講堂 
主催
共催 地域連携薬剤管理指導研究会, 愛知県病院薬剤師会、特定非営利活動法人 医薬品適正使用推進機構, Meiji Seikaファルマ株式会社
後援 愛知県薬剤師会, 名古屋市薬剤師会, 日本薬剤師研修センター
主な内容 14:00 ~ 14:05 【開会の辞】 名古屋大学医学部附属病院 永井 拓 14:05 ~ 15:35 【シンポジウム】吸入指導の標準化を目指して 座長: 名城大学薬学部 野田幸裕 14:05 ~ 14:35 名古屋南部地域における統一吸入指導箋の作成とその運用 中部労災病院薬剤部 中根茂喜 先生 14:35 ~ 15:05 地区薬剤師会とともに立ち上げた吸入指導ネットワークの取り込みについて 名古屋市立大学病院薬剤部 中村宗一郎 先生 15:05 ~ 15:35 総合討論 15:35 ~ 15:45 休 憩 15:45 ~ 16:45 【特別講演】 座長: 名古屋大学医学部附属病院 千?康司 COPD治療の今後を考える 名古屋大学医学部附属病院呼吸器内科 病院講師 麻生裕紀 先生 16:45 ~ 16:50 【閉会の辞】碧南市民病院 板倉由縁 −−−−−−−− 申込方法: PassMarket(https://passmarket.yahoo.co.jp)で事前登録してください。 「地域連携」で検索もしくは右のQRコードをご利用ください。(QRコードの入った案内文は後日愛病薬ホームページの勉強会コンテンツにて掲示します。) 当日、デジタルチケット(スマートフォン or 印刷物)を持参してください。 申込期間: 平成29年9月1日(金) 0:00から平成29年10月30日(月) 09:00まで ただし、定員に到達次第申込を終了します。
認定 以下の認定制度の単位取得を予定しています。ただし、同時取得はできません。・日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師制度 III-2(1.0単位), V-2(0.5単位)・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度 2単位
2017年11月12日(日) 14:00-17:30 第5回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナーベーシックコースC
参加費 500円(主に薬剤師歴5年目までの先生を対象に企画しております。ベーシックコースはA〜 Dで1コースと設定をしておりますが、原則として受講は1回のみとさせていただきます。先着60名、10/12申込み開始予定、tokaikansen.comより事前参加登録をお願いします。)
場所 ウインクあいち 1101会議室
主催
共催 東海地区感染制御研究会、一社・愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、大正富山医薬品株式会社
後援 静岡県病院薬剤師会
主な内容 14:00-14:10 【製品紹介】 β-ラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン製剤『ゾシン® 静注用』 大正富山医薬品(株) 14:10-14:15 【開会のご挨拶】 「抗菌薬適正使用における薬剤師への期待」 総合司会: 東海地区感染制御研究会代表世話人 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山 歳也先生 14:15-17:15 座長: 岐阜大学医学部附属病院 薬剤部 丹羽 隆先生 聖隷浜松病院 薬剤部 本田 勝亮先生 『皮膚軟部組織感染症』Short Lecture 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生 愛知医科大学病院 感染症科 教授(特任) 山岸 由佳先生 17:15-17:25 【確認テスト】 17:25-17:30 【閉会のご挨拶】「本日のまとめ」 静岡県立静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩先生
認定 ※本会は日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会で、「感染制御専門・認定薬剤師認定更新単位」、日病薬病院薬学認定薬剤師制度IV−2 領域「感染制御・管理」、(一社)愛知県病院薬剤師会・岐阜県病院薬剤師会・三重県病院薬剤師会・静岡県病院薬剤師会認定の日本病院薬剤師会生涯研修認定制度に該当致します。
2017年11月16日(木) 19:00-20:45 第28回西三河地域薬剤師のための薬学セミナー
参加費 500円
場所 ホテルトヨタキャッスル2階 華の間
主催
共催 一社 愛知県病院薬剤師会 西三河支部、塩野義製薬(株)
後援
主な内容 19:00-19:15 オープニングリマークス 金城学院大学薬学部 臨床薬学 准教授 吉川 昌江先生 19:15-20:45 特別講演 座長:愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院 薬剤部長 杉浦 洋二先生 「オピオイド誘発性便秘症の新たな選択枝〜便秘に強くなろう〜」 国立大学法人 東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部 部長 住谷 昌彦先生
認定 次のいずれか1つ。日本薬剤師研修センター認定研修会(1単位:申請中)、日本病院薬剤師会病院薬学認定研修会(V-2:1単位:申請中)
2017年11月18日(土) 17:00-19:00 TOKAI Allergy Symposium
参加費
場所 名古屋マリオットアソシアホテル 16F 「ボールルーム」
主催 大鵬薬品、Meiji Seika
共催
後援
主な内容 セッション1: ビラノアの使用経験について(仮) セッション2: ヒスタミンの生理作用と非鎮痛抗ヒスタミン薬(仮)
認定 会終了後に意見交換会をご用意しております
2017年11月18日(土) 19:30-21:05 名古屋アレルギー疾患懇話会
参加費
場所 ヒルトン名古屋 4F 「桜の間」
主催 大鵬薬品
共催
後援
主な内容 講演1: ビラノアの使用経験について(仮) 特別講演: 気管支喘息の最新の話題(仮)
認定 会終了後に意見交換会をご用意しております
2017年11月19日(日) 14:00-16:30 平成29年度 第2回 愛知県病院薬剤師会 感染制御部会学術講演会
参加費 500円
場所 『オフィスパーク名駅 大一名駅ビル4階 名駅プレミアムホール』
主催
共催 一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、MSD株式会社
後援
主な内容 13:50〜14:00 【製品紹介】 B型肝炎ワクチン 「ヘプタバックスII」 MSD株式会社 14:00〜14:05 開会のご挨拶 安城更生病院 薬剤部 奥平 正美先生 14:05〜15:05 一般演題 座長  愛知医科大学病院 感染制御部/薬剤部 塩田 有史先生 ? がん化学療法におけるHBV再活性化対策と薬剤師の取り組み    名古屋市立大学病院 薬剤部 真川 明将 先生 ? 当院におけるカンジダ菌血症に対する薬剤師の関わりについて      海南病院 薬剤部 ?橋 弘泰 先生 ? 碧南市民病院における血液培養陽性患者へのラウンド状況とその評価      碧南市民病院 薬剤部 天野 哲史 先生 15:05〜15:15 休憩 15:15〜16:15 特別講演  座長  中部ろうさい病院 薬剤部 中根 茂喜 先生 『ワクチンの話題』 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生 16:15〜16:30 成果報告書作成
認定 ※本会は日本病院薬剤師会が認定する「感染制御専門・認定薬剤師認定講習会」および病院薬学認定薬剤師制度IV-2領域『感染制御・管理』、日本病院薬剤師会生涯研修認定制度、日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度を予定しております。
2017年11月19日(日) 13:00-16:30 第64回愛知県糖尿病療養指導研究会 糖尿病療養における訪問看護
参加費 研究会会員無料、その他1000円
場所 名古屋大学医学部付属病院 1号館地下会議室
主催 愛知県糖尿病療養指導研究会、愛知県臨床検査技師会
共催
後援
主な内容 一般講演: ・認知症のある糖尿病患者への関わり ・訪問看護でもフットケアを! ・その人らしい暮らしを支える糖尿病ケア 特別講演: 糖尿病療養者への訪問看護 〜地域で暮らし続けるために〜
認定 日本糖尿病療養指導士 2群 1単位申請中
2017年11月23日(木) 13:50-16:30 平成29年度第3回愛知県病院薬剤師会感染制御部会学術講演会
参加費 500円
場所 愛知県産業労働センターウィンクあいち1001会議室
主催
共催 一社・愛知県病院薬剤師会、杏林製薬株式会社ヘルスケア事業本部
後援
主な内容 13:50-14:00 【製品紹介】 手指衛生関連製品 杏林製薬株式会社 ヘルスケア事業本部 14:00-14:10 【開会の辞及び愛知県病院薬剤師会感染制御部会活動報告】 愛知県厚生連安城更生病院 薬剤部 奥平 正美先生 〜多職種による“感染制御”を考える〜 座長:愛知医科大学病院 感染制御部 森 健先生 公立陶生病院 薬剤部 梅村拓巳先生 14:10-14:30 【特別講演1】 看護師の立場から・・・「薬剤師に期待する感染管理」 演者:愛知医科大学病院 感染管理認定看護師 村松 有紀先生 14:30-14:50 【特別講演2】 臨床検査技師の立場から・・・「臨床微生物検査の専門職として〜耐性菌を見逃さないために〜」 演者:名古屋第二赤十字病院 医療技術部 検査病理科 原 祐樹先生 14:50-15:50 【特別講演3】 医師の立場から・・・「チームワークとしての感染対策と感染症診療支援」 演者:名古屋大学大学院医学系研究科 臨床感染統御学分野教授 八木 哲也先生 15:50-16:20 【全体討論・質疑応答】 八木 哲也先生・村松 有紀先生・原 祐樹先生・奥平 正美先生 16:20-16:30 【成果報告書】
認定 ※本会は日本病院薬剤師会が認定する「感染制御専門・認定薬剤師認定講習会」及び病院薬学認定薬剤師制度IV−2領域、日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度を取得予定しています。※本会は日本看護協会が認定する感染管理認定看護師更新時の「研究プログラムへの参加?(2点)」を取得することができます。
2017年11月23日(木) 13:50-16:30 平成29年度 第3回 愛知県病院薬剤師会 感染制御部会学術講演会
参加費 500円
場所 愛知県産業労働センター ウィンクあいち 1001会議室
主催
共催 一社・愛知県病院薬剤師会、杏林製薬株式会社ヘルスケア事業本部
後援
主な内容 13:50-14:00 製品紹介 手指衛生関連製品  杏林製薬株式会社 ヘルスケア事業本部 14:00-14:10 【開会の辞及び愛知県病院薬剤師会 感染制御部会 活動報告】 愛知県厚生連安城更生病院 薬剤部 奥平 正美先生 〜多職種による“感染制御”を考える〜 座長:愛知医科大学病院 感染制御部 森 健先生 公立陶生病院 薬剤部 梅村 拓巳先生 14:10-14:30 【特別講演1】 看護師の立場から・・・ 『薬剤師に期待する感染管理』 演者:愛知医科大学病院 感染管理認定看護師 村松有紀先生 14:30-14:50 【特別講演2】 臨床検査技師の立場から・・・ 『臨床微生物検査の専門職として 〜耐性菌を見逃さないために〜』 演者:名古屋第二赤十字病院 医療技術部 検査病理科 原 祐樹先生 14:50〜15:50 【特別講演3】 医師の立場から・・・  『チームワークとしての感染対策と感染症診療支援 』 演者:名古屋大学大学院医学系研究科 臨床感染統御学分野教授 八木 哲也先生 15:50-16:20 【全体討論・質疑応答】 八木哲也先生・村松 有紀先生・原 祐樹先生・奥平正美先生 16:20-16:30 【成果報告書】
認定 ※本会は日本病院薬剤師会が認定する「感染制御専門・認定薬剤師認定講習会」及び病院薬学認定薬剤師制度IV−2領域、日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度を取得予定しています。※本会は日本看護協会が認定する感染管理認定看護師更新時の「研究プログラムへの参加?(2点)」を取得することができます。
2017年11月24日(金) 19:00-21:00 リツキサン ITP適応拡大記念講演会
参加費
場所 ホテル メルパルク名古屋 2F 「羽衣の間」
主催 中外製薬
共催
後援
主な内容 学術講演:バイオ医薬品の製造技術について 基調講演:リンパ腫関連の最新情報について(仮) 特別講演:どう使う?慢性ITPに対するリツキサン
認定 当日は情報交換会をご用意しております。
2017年11月25日(土) 13:20-16:30 第13回中部地区臨床救急医療薬学研究会
参加費 1000円(当日参加も可能ですが、人数把握のため、後日当会ホームページに掲載される案内書のQRコードから事前登録をお願いします。)
場所 株式会社八神製作所本社 8F サマニアンホール
主催 中部地区臨床救急医療薬学研究会
共催 一社・愛知県病院薬剤師会
後援 日本臨床救急医学会
主な内容 13:20-13:30【開会あいさつ】 13:30-14:30【講演】 「重症病態における栄養管理の基本 (仮)」 座長 愛知医科大学病院 薬剤部 加藤 隆寛 一宮市立民病院 薬剤局 岩田 智樹 先生 14:30-16:30 【症例提示 ・ディスカッション 】 「短腸症候群患者に対する栄養療法 の一例 」 司会 愛知医科大学病院 薬剤部 加藤 隆寛 日本版重症患者の栄養療法ガイドラン(総論)を事前に ご一読いただくと学習効果が高くなります 。ガイドラインは、日本集中治療医学会のホームペジからダウンロードできます。
認定 日病薬病院薬学認定薬剤師制度 認定単位2単位( III-1)を申請中です。
2017年11月29日(水) 19:00-20:30 認知症カンファレンス
参加費
場所 ホテルグランドティアラ安城 1F 「ガーデニア」
主催 第一三共
共催
後援
主な内容 ・当院における認知症サポートチームの取り組みについて ・地域における認知症診療を考える〜院内認知症対応ラウンド、認知症初期集中支援チームの活動を含めて〜
認定 お弁当を用意しております